離婚 慰謝料 不倫 離婚協議書 公正証書作成などの離婚相談 不倫相談 横浜の行政書士 カウンセラー

離婚調停豆知識

離婚調停豆知識

離婚の方法は、
主に「協議離婚」「調停離婚」「審判離婚」「裁判離婚」
の4種類があります。

協議離婚とは、調停離婚・審判離婚・裁判離婚によらずに、夫婦の話し合いによって離婚をすることです。離婚の90パーセント以上は、この協議離婚によります。調停離婚は、7~9パーセントほどです。

協議離婚と調停離婚は、基本的には夫婦の話し合いによる離婚なので、裁判離婚の時に必要になる「不貞行為があったとき」のような法定離婚事由は必要でなく、離婚理由なんてなんでもいいし、別にあってもなくてもかまいません。
夫婦が離婚に合意さえすればいいわけです。
とはいえ、決めておくべきことは多数あります。

主な法的なものはというと、親権・養育費・面接交渉・財産分与・慰謝料・年金分割です。
これらを家庭裁判所で、まとめて話をするのが離婚調停です。

<離婚調停のメリット・デメリット>

離婚調停のメリット
まず申し立て費用が安いことです。
申し立てにかかる費用は2000円程度で済みます。
そして、離婚調停のメリットといえば、最大のメリットとして、調停が成立した場合には、
調停調書という書面が作られることです。この書面に記載された慰謝料や養育費などの金銭的なものを滞納した場合は、強制執行手続きを取ることにより、相手の財産を差し押さえることができます。

しかも、この調停調書の優れているとこはそれだけではありません。同じように強制執行できる公正証書にはない履行勧告をしてくれるというメリットがあります。どのようなことかというと、
調停調書に記載されている養育費等を滞納した場合、家庭裁判所に言ったら、家庭裁判所からその相手に「払いなさい」と言ってくれます。これは、心理的にはかなり効きます。
この履行勧告の制度は、公正証書にはありません。

次に、調停委員という中立の男女1名ずつの人が間に入って意見を調整してくれること。もし、揉めていたら、意見の調整がしやすいということです。また、離婚調停は、基本的には交互に調停委員と話をするためにDV等が理由で別居状態であったとしても、相手と会うことなく進めることができるというメリットもあります。

慰謝料等を請求する側の事ばかり記載してしまいましたが
反対側の立場にある方にもメリットはあります。
子どもとの面接交渉や子どもと会うための条件を定めておくことができるため、面接交渉が容易になる等があります。
また養育費や慰謝料など問題も法外な値段を請求された場合にも
養育費算定表などを提出してきちんとした主張を第三者を通して、相手に伝えることができます。

他には、何を決めればいいか分からなくてもある程度道筋をつけてくれること、離婚裁判を起こすためには離婚調停が終わっていることが前提なので、離婚調停が不成立に終わったら離婚裁判を提起することができるようになること、などが離婚調停のメリットとしてあります。

離婚調停のデメリット
離婚調停のデメリットとしては、まずなんと言っても、平日の昼間におこなわれることです。つまりは、土日祝休みの人だと、離婚調停のために休みを取らないといけないということです。

次に、離婚調停は、おおよそ1ヶ月に1回のペース(その家庭裁判所の忙しさにもより場合によっては2ヵ月なんてことも)なので、スムーズにまとまった場合はいいが、時間がかかるということ。

さらに、調停委員は中立といえど人間なので、場合によっては敵になったり、自分の意見を押し付けられたり、説教をされることがあり、調停委員の当たりはずれが大きく、場合によっては調停委員のせいでストレスがたまることもあります。

さらに、公正証書を作成する場合で、弁護士や行政書士などの離婚専門家に頼んだ場合は、かなり細かいところまで原案を作成し記述してもらえるようにするのに対して、調停調書では、よほどでなければ細かいところまで記述してくれません。

離婚調停を申し立てようと検討している方へ

離婚調停には準備しておくとよいものなどがあります。
その中の一つは「陳述書」です。
離婚調停をおこなう場合、必須であると私は考えております。
短い調停の時間で、どれだけ自分の状況、思い、望むこと等を
伝えられるかは調停をすすめていく上で大事なことです。

服装や、調停に望む姿勢・・・大事なことは沢山あります。
調停を検討している場合には専門家にご相談いただくことをお勧めいたします。

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional