離婚 慰謝料 不倫 離婚協議書 公正証書作成などの離婚相談 不倫相談 横浜の行政書士 カウンセラー

離婚協議書知識

離婚協議書知識

離婚の方法には
協議離婚調停離婚審判離婚
裁判離婚の4種類があります。

日本で1番多い離婚方法は協議離婚です。

離婚のうちの約9割を占めています。

そして、行政書士がお手伝いできるのが
この大部分を占める協議離婚です。

協議離婚で注意したい事とは?

離婚協議書は、契約書の一種ではありますが強制力を持ちません。
困るのは相手が養育費などの支払いを止めてしまったときです。
離婚協議書だけでは強制力がないため裁判で確定判決を
得なければ差し押さえなどの強制執行をすることができないのです。

それではどうしたらよいのでしょうか?

離婚協議書を公正証書で作成して(強制執行ができるように文言を
入れます。)おくことが重要なポイントです。
これで相手が約束を破って支払いをしなかったときでも、その公正証書で強制執行をかけることができるのです。

相手方の口約束ほどあてにならないものはありません。

また、約束を絶対に守ると言われても、長い年月の間には
相手方が再婚したり等の状況の変化も考えられますし、気持ちにも変化が起こりやすいものです。

相手の支払いが滞り裁判を起こすとなると、かなりの費用と時間が
かかります。
そのときに後悔しないためにも離婚協議書は公正証書で作成しておきましょう。

後悔しない公正証書の作成は専門家に頼むのがご安心です。

離婚の取り決めについては、全く同じというケースはまれであり、個々の事案に適切に対応するためには、公正証書作成の
専門家である行政書士をご利用いただくのが、後に後悔
しない公正証書作成の第一歩と考えております。

当事務所では、離婚相談・公正証書作成サポートを
お客様の立場に立って承っております。

のちにトラブルにならないための 原案作成・公証人との打ち合わせ等
全面的にサポートいたします。

当事務所は、離婚公正証書の作成について
全国対応しております。

お問い合わせください。

045-211-4066

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional