離婚 慰謝料 不倫 離婚協議書 公正証書作成などの離婚相談 不倫相談 横浜の行政書士 カウンセラー

不倫問題

パートナーが不倫をしてしまった場合

相手に対し「不倫の慰謝料請求」を裁判でするには証拠は必要です。
○ホテル等に出入りする写真
○不倫相手と肉体関係が読みとれるメール
○不倫相手やパートナーが認めること

等・・・・・

一般の人ではなかなか掴みにくい部分もあると思います。
探偵に頼んでも高額なお金がかかるし・・・・
張り込みだって自分でできない・・・・

それが現実ですよね。

でも不倫は確実にしていることは分かっている。
その場合泣き寝入りは辛いです。
そのような場合に私達が利用するのが
「内容証明郵便」です。
法的な効果はほとんどありませんが、相手には相当なプレッシャーになります。
私の事務所でもかなりの成果ががあらわれています。

そして時効が迫っている場合  
※知ったときから3年行為のときから20年

催告にあたり暫定的な時効を中断させる事由になります。
(・・・・・がこれはあくまで仮の対処であって
6ヶ月以内に裁判上の請求等の手続きが必要になります。)

しかし、効果の程は大きいと思います。

実際、私の事務所でも
「弁護士に相談したが証拠が少なすぎて相手にもされなかった」

という事も、依頼を受け内容証明を送った結果
慰謝料を取ることができたという結果が多くあります。

でも気をつけないといけないのは、内容によっては
「恐喝」等にあたり反対に訴えられてしまう場合があるからです。
内容証明を送る場合、行政書士等の専門家へのご相談はお勧めしますが訴訟などに比べ物にならないほど、費用も安価ですみます。

諦める前に試してみる事をお勧めします。

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional